その情報商材、大丈夫?
危ない橋を渡らないために!